お年寄りは脱水症状になりやすい

気を付けなくてはいけません

お年寄りの方は、脱水症状になりやすいんです。
どうしてだと思いますか?

まず、理由は7つあります。
歳を取ると筋肉量が低下します。
加齢と活動量の低下によって、筋肉量が低下し水分を含む場所が減ってしまうのです。

筋肉って、身体の中でも多くの体液を含んでいる場所なんですよ。
筋肉量が低下すると、体液が減るのと同じことで脱水症になりやすいんです。

お年寄りは喉の渇きを自覚しにくいという理由もあります。
脳には、喉の渇きを感じる口渇中枢があります。
加齢と共に、機能は下がっていきます。

咽が乾いていないのではなく、喉が渇いているかわからないんですよ。
だから、脱水症になりやすいんです。

同じように腎機能も低下しますし、全体的に食事量も減ります。
歳を取ると仕方がないことですが、お年寄りって食事量は極端に少ないですよね。

人は1日、食べ物から1リットル程度の水分を摂ります。
動脈硬化やホルモン変化に伴って、加齢とともに腎機能が低下します。

水

お年寄りになると、行動がおっくうになります。
トイレに行く回数を減らしたいから、飲む量が減るというのもあります。
利尿作用を持っている治療薬を飲んでいる方も多いですし、食事量が減少しやすい高齢期に、栄養剤などを飲んでいる方も多いでしょう。

栄養剤などは浸透圧が高いので、体液の濃度を保つためかなりの水不足が起こります。
こうした理由で、お年寄りは脱水症状になりやすいのです。

脱水症を早期発見するには

脱水症の対策は基本的に早期発見、早期治療が一番です。
高齢者は脱水症状を起こりやすいので、発見が遅れがちになる可能性があります。

保護者や介護者などの方は、日ごろから全身をよく観察して、些細な変化に気づくことで早期発見しましょう。
高齢者は、本人が脱水症状だと表現することが難しい場合もあります。

高温で、湿度の高い場所にはいないか。
食事量は減っていないかなど確認しましょう。

機嫌がわるい、なんとなく元気がない、手が冷たい、皮膚のはりがないなどのサインもあります。
他にも、口の中が乾燥していたり、舌が白いものに覆われていたり、血圧が低い、微熱が続いているなども脱水症状の一つです。


CATEGORIES : 介護勉強中/ AUTHOR : first

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。