親に恩返ししたい

親孝行について考える

子供は三歳までに、親に恩返しをする、なんて言い伝えがありますよね。
この言い伝えの意味は、「3歳までにかわいらしさ、癒し、急激な成長を見せてくれて、それが親への産んでくれたことへの恩返しなんだ」という意味です。

赤ちゃん

私は3歳までに恩返しできていたのでしょうか。
その記憶は私にはありませんから、私はこれから親に恩返しをしていきたいと考えています。

親孝行なんて、二十歳になるまでは考えたこともありませんでした。
OLになって、働くという大変さを知って、やっと親孝行について考え始めた程度です。

私にはまだ子供もいませんし、結婚もしていませんから、親への恩返しをどうすれば良いのかわかりません。
親に聞いても、ちゃんとした答えは返ってこないし、一緒に住むことになって今が恩返しのチャンスだと思っています。

親を介護するのが恩返しだとは思っていません。
多くの親は、私の親と同じことを言うでしょう。
「子供が幸せに過ごしていたら、それだけで幸せだ」と。

私は、今の生活が幸せだと感じています。
たしかに在宅介護は大変ですが、私が困ったり、大変そうな顔を見せることが一番ダメだと思っています。

在宅介護者には息抜きを

息抜きって、たまにするもんなんだと思っています。
友人にこんな人がいます。

子供がいるのに、夫にしょっちゅう任せて、自分はカラオケに行ったり温泉へ行ったり、友人と映画に行ったりする、という人です。
育児に息抜きは大切だと思いますが、週に3回も息抜きが必要でしょうか。

私は友人を見ていて疑問に思います。
批判はしませんけど、疑問には思います。

在宅介護って、大変ですよ。
身体的な負担もありますが、やっぱり一番は精神的負担です。

しなければいけないことが多いですし、未経験の人は本当に大変だと身を持って感じます。
在宅介護には息抜きが必要です。
でも、息抜きって週に3日もいらないんです。

私はそう思っているので、親がデイサービスへ行くときでも家のことをしたり、片付けや自宅でゆっくり過ごしたりすることがほとんどです。
親には「友達と出かけないの?」と言われますが、そんなもの、『たまに』で良いんですよね。
それこそ月に1度程度でも、私は問題ないと感じます。

だから、親には幸せそうには見えないみたいです。
好きなことをして、楽しめば良いと言われますが、今の生活で充分に幸せだと思うんです。

この考えがどうやったら、親に伝わるかわかりませんが、もっと違う恩返しを考えていかにないといけませんね。
毎日同じことの繰り返しの中で、親は何をしたら喜んでくれるでしょうか。
親孝行とか、恩返しって考えると終わりがないように感じます。


CATEGORIES : 親との毎日/ AUTHOR : first

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。