行動援護従業者養成研修について調べました!

知的障害者や精神障害者の外出をサポートする仕事

行動援護従業者養成研修とは、知的障害者や精神障害者の人たちの安全な外出を、サポートする訓練を受けられる研修です。
知的障害者や精神障害者は、周囲の人々からの理解があまり得られなかったり、突発的な事態に遭遇するとパニックを起こしてしまったり、何らかのトラブルを引き起こしてしまったりすることがあります。
そのため、こうした問題を回避できるように見守ると共に、本人たちが快適に外での時間を過ごせるように助けるサポートが必要となります。

そこで、知的障害者や精神障害者の外出をどのようにサポートできるかを学び、実際的な訓練を施すために行動援護従業者養成研修が生まれました。
それぞれの自治体が主催してこの研修を行っていて、研修を修了することによって公的な資格を得ることができます。
資格を持つことによって、介護施設や精神病院など様々な職場で仕事ができるようになりますので、転職をする上でも有利になりますし、資格手当などを受けて給料アップを狙うこともできます。

気軽に受けられる研修で無理なくスキルを伸ばせる

行動援護従業者養成研修では、様々な実際的な技術や知識を身に着けることができますが、気軽に受けられる研修となっていますので、積極的にスキルアップを図れます。
それぞれの自治体で主催する研修によっても異なりますが、おおよそ三日間程度の研修となっていることが多いので、無理なく時間を作ることができて、仕事の合間などに資格を取ることが可能です。

数日間の研修中に、座学を通して知的障害者や精神障害者のサポートの方法論を学ぶと共に、実地での訓練を行い、どんな点に注意しながら同行をしたら良いかを学びます。
知的障害者や精神障害者の場合は、言葉で説明しても分からないことが多いので、様々な方法を通して、外出する際の危険や注意点などを教えていく必要があります。
そのような具体的なノウハウも学べますので、とても意義ある研修です。

全国的にニーズの高い資格

知的障害者や精神障害者の方のケアというのはとても重要ですし、地域住民が理解を深めて安心して交流を行えるようにするためにも、行動援護従業者の働きはとても重要なものがあります。
全国的にニーズが高いものの、現実にはこの分野における知識や経験を持っている人はそれほど増えていません。

そこで、この行動援護従業者養成研修を受けることによって、自分のスキルをより広い場で活用できますし、社会福祉にも貢献できるというメリットがあります。
また、多くの介護事業所でも、このスキルを持つ人を募集していますので、資格を取得しておくと仕事を見つけやすいという利点も生まれます。


CATEGORIES : 介護関連の資格/ AUTHOR : kaigo-funtouki.com

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。