レクリエーション介護士について調べました!

老人介護施設でのニーズが高いスキル

老人介護施設を始めとする様々な介護施設では、利用者のために盛りだくさんの活動を毎日しています。
いろいろな活動を通して施設での時間を楽しいものとしてもらうという目的と共に、体を動かしたり頭をリフレッシュしたりして、リハビリをするという目的も同時に果たすことができます。

リハビリは障害者の人にとっても高齢者にとっても非常に重要な活動となるため、いろいろな工夫がなされています。
リハビリを受ける人が楽しんで、無理なく行なえるようにするため、それぞれの施設で創意工夫のある活動が行われています。
その一環としてレクリエーションを通して、リハビリをするという流れが一般的になっているのです。

シンプルながらも体を動かし頭を使うレクリエーションをすることで、効果のあるリハビリができるようになります。
この面でのスキルを持った人を認定する目的として存在するのが、レクリエーション介護士という資格です。
民間資格となっていますが、ニーズの高い資格ですので、介護の分野で自分のスキルを広げたいという人にピッタリです。

安全でリハビリに効果的なレクリエーションを行う

介護施設で行うレクリエーションはどんなものでも良い、というものではありません。
転倒の危険があったり、何らかの身体障害を持ったりしている人でも安全に行えるような活動を考える必要があるからです。
また、単に楽しいというだけでなく、同時に手足の機能を向上させるなどの、リハビリにも役立つような活動をするのがベストでもあります。

こうしたレクリエーションを考案したり実行したりするには、やはりノウハウを覚える必要があります。
そこで、レクリエーション介護士としてのスキルを磨けるように、2014年から認定資格としてこの資格制度がスタートしました。

通信講座で資格取得ができる

このレクリエーション介護士は、比較的気軽に取れる資格ですので、積極的にスキルを伸ばしたいという人にぴったりです。
通信講座で学ぶことができますし、講座を修了すれば自動的にこの認定資格が得られますので、大きな負担を抱えることなく資格が取れるというメリットがあります。
仕事をしながらでも無理なく勉強ができて資格取得まで進めますので、忙しくてなかなかスキルアップが図れないという人にも向いている資格です。

どこの介護施設でもこのスキルを持っている人を欲していますので、活躍の場を広げるいい機会となります。
また、転職をする際にも、自己PRをするポイントを持つことができて、採用のチャンスを高めるのにも役立ちます。
介護系のいろいろな資格がありますが、とても実践的ですぐに現場に活かせるものですので、利用価値が十分にあります。


CATEGORIES : 介護関連の資格/ AUTHOR : kaigo-funtouki.com

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。