難病患者等ホームヘルパーについて調べました!

難病を患っている患者さんをサポートする難病患者等ホームヘルパー

ホームヘルパーとして働く人は、様々な人を訪問して介護を行います。
割合としては高齢者の方が多いですが、中には難病のために身体機能が奪われてしまっているために、自宅で寝たきりになっている方や、不自由な生活を強いられている方がいます。
そのような難病患者さんの場合は、特別な配慮が必要となることが多いため、介護をするための特別なスキルが必要なのです。

そこで活躍するのが難病患者等ホームヘルパーということになります。
ホームヘルパーの中でも特に難病患者さんのケアについてのスキルを持っていて、それを業務の中で活かせる人たちが資格を取得して働いています。

ホームヘルパーの資格と併用して活用する

難病患者等ホームヘルパーは、あくまでホームヘルパーの付加的なスキルということになりますので、ホームヘルパー2級の資格をすでに持っているか、講習を受けている人だけが取得できるようになっています。
そのため、まずはホームヘルパーの資格を取るようにしましょう。
すでにホームヘルパーの資格を持っているのであれば、自分の活躍の場を広げられるように、この講習を受けるかどうかを真剣に検討してみると良いでしょう。

それぞれの自治体や養成機関で難病患者等ホームヘルパーのための講習を開催していますので、身近なところで気軽に資格を取れるのが魅力です。
難病患者等ホームヘルパーとしての資格を取るに当たっては、特に試験はありませんので、指定の講習を修了すれば自動的に難病患者等ホームヘルパーとして認定される事になります。
難度はそれほど高くなく、難病についての医療知識や、福祉制度の仕組み、どのように具体的なケアを安全かつ的確に与えられるかということを講習で学びます。

全国でニーズの高い資格

もともと介護系の資格保有者のニーズは高く、全国的に高いスキルを持った人が不足している状況です。
その中でも、この難病患者等ホームヘルパーとしての資格を持った人はさらに少ないので、全国的に資格保有者の充実が求められています。
訪問看護事業所などでは積極的に資格保有者を採用していますし、より良い待遇で雇用しているケースが多くなっています。

障害者施設や老人介護施設でも、難病を患っている人は多いので、この資格を持っていると役立つことが多いというメリットがあります。
活躍の機会を増やすことができますので、何らかの介護スキルのアップを考えているのであれば、この資格取得を検討してみると良いでしょう。
この資格があると、転職をする際にも採用の可能性がアップして有利になりますので、様々な面でのメリットが生まれることになります。


CATEGORIES : 介護関連の資格/ AUTHOR : kaigo-funtouki.com

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。