同行援護従業者養成研修について調べました!

ガイドヘルパーとして働くなら同行援護従業者養成研修を受ける

同行援護従業者養成研修というのは、一般にガイドヘルパーとして知られる仕事をするために受ける研修のことです。
ガイドヘルパーは、障害者や高齢者の外出に付き添って、必要な用事を果たせるように助ける人のことで、全国的にニーズの高まっている仕事です。

身体機能に制限があると、本人に外出したいという希望があっても様々な危険があるため、現実的には難しいというケースがあります。
また、ある程度体の自由が利くという人でも、事故に遭いそうになった、転倒してしまったなどの経験があると、一人で外出するのが怖くなってしまうことはよくあるのです。
そこで、安全かつ安心に外出ができるように、サポートを行えるスキルを持った人が一緒に外出するというアイディアの基にこの資格が生まれています。

試験を受けなくても資格が取れる

ガイドヘルパーとして介護業務を行うためには、この同行援護従業者養成研修を受ける必要があります。
ガイドヘルパーとなって働くためにはこの研修を受けるだけで十分で、試験は設けられていませんので、気軽に資格が取れるというメリットがあります。
それぞれの自治体で発行している公的な資格ですので、信頼性のあるものですし、実際に多くの介護事業所でこの資格を持った人を積極的に募集しています。

同行援護従業者養成研修を受けて資格を持つと、訪問介護事業所や一般の老人介護施設などでの就職が有利となりますので、仕事の幅を広げるためにも研修を受けてみるのも良いでしょう。
また、ガイドヘルパーの仕事は正社員としてだけでなく、都合の良い時間だけ働くパートタイムなどでの雇用も多いので、それぞれの事情に合わせて仕事ができるというメリットがあります。

さらに、資格を持っていることでこの分野で優先的に働けるというメリットがありますので、給料もアップするという面にも注目です。
人の役に立てるという仕事からの喜びを得られると共に、しっかりと稼げるという実際的な面もあります。
資格取得のためにかかる時間やお金はそれほどでもなく気軽に取れますので、メリットを考えると十分な価値のある資格と言えるでしょう。

他の資格と併せて取りたい

同行援護従業者養成研修は、高齢者や障害者の外出をサポートするという資格ですが、これにホームヘルパーなどの資格があると、訪問介護の分野で様々なことができます。
他の介護系の資格と併せて取得することで、自分の能力をより良く活かせるようになるでしょう。
介護スキルを向上させることで、より多くの人のために働けるようになりますので、仕事の意義を感じながら毎日を過ごせるようになるのがうれしいところです。


CATEGORIES : 介護関連の資格/ AUTHOR : kaigo-funtouki.com

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。