ケアマネジャーについて調べました!

介護プランの作成など幅広い知識と経験が必要な仕事

ケアマネジャーとは、介護を必要とする人の相談にあたり、どのようなタイプの介護を受けるのが適切なのか、どこでどのくらいの頻度で介護を受けることができるのかなどの介護プランを作成するという仕事です。
介護は介護保険の制度に基づいてなされる必要がありますので、単に介護施設のタイプについて知識があるというだけでなく、介護制度そのものについても精通している必要があります。

また、要介護者はもちろんのこと、ご家族の方との相談を行うことで、より効率よく適切な介護を受けられるようにすることが重要ですので、機械的にプランを立てていくのではなく、それぞれの事情を考慮して融通の利いたプランを立てる事が必要です。
しっかりとしたスキルに加え、高いコミュニケーション能力や、要介護者やご家族への配慮ができる資質が求められることになります。

キャリアアップに最適の資格

ケアマネジャーとして働けるようになると、様々な面でのメリットがあります。
まず、資格保有者はどこでも必要とされているため、どの地域に行っても就職や転職先の事業所をすぐに見つけられるという大きな利点があります。
さらに、資格がないとケアプランの作成などはできないため、事業所としてもケアマネジャーを優遇する傾向があり、高い給料水準の下で働けるというのもうれしい面です。

介護業界の中ではレベルが高い資格ということで、誰でも取れるわけではありません。
その分だけ業務の範囲も広がりますし、より多くの人に自分の介護スキルを活かしてサポートを与えられるようにもなります。
やりがいを強く感じられる仕事となりますので、より仕事から楽しみを得られるようにもなるでしょう。

一定年数以上の実務経験が求められる

ケアマネジャーの資格を取りたいと思っているのであれば、まずは受験資格を満たす必要があります。
受験資格にはいくつかのものがありますが、介護施設などで要介護者の自立についての相談業務を5年以上行っていることという条件を満たして受験する人が多い傾向です。
また、訪問介護の資格を持っていて5年以上の介護業の実務経験を持っていることや、一般の介護業務を10年以上行っているという受験条件を満たした上で受験をする人もいます。

どのケースでも、ケアマネジャーの資格を取るに当たっては、5年以上の実務経験を求められることになります。
そのため、資格を取るためにも勤務を頑張って続けていくことが肝心です。
実務を通じて身に着けたスキルを通して、ケアマネジャーとしてより良い活躍ができるようになりますので、貴重な実務経験の期間を大事に過ごすようにしましょう。


CATEGORIES : 介護関連の資格/ AUTHOR : kaigo-funtouki.com

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。