食事の介助方法

安全な食事介助を考える

高齢者って歯が少なくなります。
のどの筋肉も衰えて、食事は飲みこみづらくなります。

そのため、食べ物はやわらかくして、食べやすい大きさにカットするなどの対処が必要です。
ペースト状などの、お年寄りの食事もあります。

また、お年寄りの方は疲れやすいことが特徴です。
食事をするだけでも大変な労力を使います。

食事の内容だけじゃなく、食事中の姿勢や食べさせ方にも配慮しなければいけません。
それが、安全な食事介助というものです。
このサイトは、美味しくて簡単な介護食のレシピを紹介されています。
>>http://www.care-recipe.net/hint/danger.html

お年寄りの食事中のトラブルとして多いのは「嚥下障害」と呼ばれる、脳梗塞などで麻痺が残って、上手く呑み込めなくなったことです。
他の部分に比べると、リハビリがしにくい部分です。

嚥下障害が起こると、食道から肺に食べ物が入ってムセ返ることがあります。
お年寄りの方が肺炎を起こす原因の多くが、この嚥下障害だと言われています。

安全な姿勢について

お年寄りが食事をするときに、もっとも気をつけるべきは「食べ物が気管に入らないようにすること」です。
基本的な姿勢は足を床につけた前かがみの姿勢です。

手でスプーンを持ったり、お皿を持って顔に近づける時はたいてい、前かがみになりますよね。
座る姿勢は、少し前傾にすることがポイントです。

椅子に座っている方への食事介助は、身体が椅子からずりおちることがないように、背筋や背筋の力を足で踏ん張って支えることができるように、足は床についていないといけません。
前かがみの姿勢を保つには、背中、頭の後ろなどに、適度にクッションを入れます。

食事中にクッションがずれてしまうこともあります。
適度に直してください。

テーブルは高すぎないか、椅子は高すぎないか低すぎないか。
要介護者の方に合った食事環境を作ることも大切です。

食事介助をするときの注意点

食事介助をする時に、たいていのお年寄りの方はゆっくり時間をかけて召し上がります。
ですが、遅いから、こぼすからと。
スプーンを奪って早く食べさせようとする方も多くいます。

自宅では、できるだけお年寄りのペースに合わせて食事を進めてあげるべきです。
介護施設では、スケジュールが決まっているかもしれませんが、家では自由ですよね。

私は、常に焦らないこと、ゆっくり介助をすることを心がけています。
食事介助は、特に嚥下障害が怖いですから。
みなさんも注意して下さいね。


CATEGORIES : 介護勉強中/ AUTHOR : first

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。