デイケアについて

介護サービスの種類について

介護サービスってたくさんの種類があります。
そして介護施設でも、特別養護福祉施設や老人保健施設、デイサービスや有料老人ホームなどがありますよね。

訪問介護でも、入浴介護や、訪問支援などのサービスがあります。
どのサービスを利用すれば良いのか迷うところですが、名前が似ているものも多いので注意が必要です。

大きく分けると、介護サービスは居宅サービスと、施設のサービスとに分けられます。
居宅サービスというのは、自宅にいながら受けることができる介護サービスです。

施設サービスとは、老人ホームなどに入居して利用することができるサービスです。
居宅サービスで間違えやすいのが、デイサービスとデイケアです。
デイサービスは、よく聞いたことがあると思います。

今回は、デイケアについてご紹介したいと思います。
私自身わからないことが多かったので、下記のサイトを見て復習したいです。
>>http://www.sukoyakaday.com/column/tigai.html

デイケアとは、通所リハビリ施設のことでリハビリを中心に行うサービスです。
送迎や食事、入浴などを行っている施設も増えているものの、あくまで中心はリハビリとなります。

通常は、医療的な観点が必要な場合の方、リハビリ目的ではない方は利用しません。
あくまでリハビリのみを目的とした人が利用されます。

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとは、生活ケアが中心となっているサービスです。
食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを受けることができて、デイケアとは異なります。

デイケアは、理学療法士などの職員からリハビリテーションを受けます。
日常生活をできるだけ自立して行うことができるように、訓練をする場所です。

認知症がなければ、私の親もデイケアのほうが良かったのかもしれません。
が、残念ながらもしデイケアの方が良くても、我が家の近くにはデイサービスしかありませんでした。
もっとデイケア施設が増えると良いですね。

2つとも、「通所」という意味では同じです。
自宅から施設に通いながら利用するという観点では同じなのです。
また、自宅に引きこもりがちな人は、デイサービスやデイケアを利用することで気分転換をすることができます。

施設によって、提供されているサービスは様々です。
最近では、リハビリにも力を入れているデイサービス。
そして生活ケアに力を入れているデイケアなどがあるので、内容を確認してケアマネージャーの方と相談して、利用者にあったサービスを選ぶことが大切です。

デイケアを選ぶポイント

食事や入浴などの、生活ケアを行っているデイケアから、1時間以上の短時間リハビリを目的に通うデイケアもあります。
選ぶ際には、通う目的を明確にしましょう。

ポイントとしては、営業日や時間、費用との兼ね合い。
そして、入浴、食事、送迎などのサービスがあるか?
アクティビティな機能訓練があるかなどをチェックして選びます。

多くのデイケアでは、主にワゴン車を使って利用者宅を巡回し、送迎を行います。
一人暮らしでデイケアへ行く準備ができない方などは、お迎えの際に別途訪問介護サービスを利用しなければいけません。

利用できる限度、サービスの限度がそれぞれ違います。
不便のないよう、利用して行きたいですね。


CATEGORIES : 介護勉強中/ AUTHOR : first

Comments are closed.

プロフィール



元→OL
現→親の介護に奮闘中

親の介護のため前職を辞めました。しかし、介護の勉強をしていくうちに介護職というものに興味が出てきました。ゆとりを持てるようになれば介護職につきたいな…なんて思ったり。まだまだ親の介護で手一杯の身ですが、介護をきっかけに感じた事や思う事等を発信していければと考えています。